ゴーヤチャンプルーの作り方~土井善晴レシピ

  2018/08/17
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サバ夫です!料理レシピを紹介しています。
ごあいさつ
プロフィール

夏を迎えるに当たり、スタミナをつける事が大事になってくる今日この頃です。スーパーの店頭には1年中ゴーヤが並んでいますが、春から夏を迎えてだんだんとサイズが大きくなってきました。同時に価格も少しずつ下がってきましたね。

今日は ゴーヤチャンプルー を作ってみようと思います。自分がゴーヤチャンプルを作る時は豆腐を入れません。豆腐を入れると水分が出て、仕上がりがベチャ付きます。なので、豆腐は入れたことが無かったのですが、たまには本格的なゴーヤチャンプルを作りたくなりました。

そこでネットで検索すると、土井善晴さんの作るゴーヤチャンプルが美味しそうだったので、土井善晴レシピ を応用する事にしました。というか、ほとんど真似して作りました(笑)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

土井善晴さん風ゴーヤチャンプルの材料

ゴーヤ・豚肉・卵で作るシンプルなレシピです。なお土井善晴レシピには、ニンニク・しょうがは使いませんが、自分はいつも炒め物には常用しているので使う事にしました。

ゴーヤチャンプルーの作り方~土井善晴レシピ

材料

  • ゴーヤ  1本
  • 豚ロース肉200グラム
  • 卵    2個
  • 木綿豆腐 1丁(300グラム)
  • ニンニク 1かけ
  • しょうが 1かけ

調味料

  • サラダ油
  • 醤油
  • 塩コショウ
  • 片栗粉
スポンサーリンク

土井善晴さん風ゴーヤチャンプルの作り方① ゴーヤ(にがうり)の下処理

土井善晴さんと言えば、NHKきょうの料理に出演されている、面白い関西弁を使うおっちゃんです(笑)。 若い頃にスイスやフランスで、フランス料理を習っていた事もあり、特技はフランス語だそうです。

まずはゴーヤ(にがうり)の下処理ですが、両端を切り落として縦半分に割り、中のワタと種をスプーンで取り除きます。

ゴーヤチャンプルーの作り方~土井善晴レシピ

2~3ミリの厚さにスライスします。あまり分厚く切りすぎると、フライパンで炒める時に時間がかかり大変です。

ゴーヤチャンプルーの作り方~土井善晴レシピ

 

土井善晴さん風ゴーヤチャンプルの作り方② 豆腐その他の下処理

豆腐は木綿豆腐を使用します。キッチンペーパー等で包んで水気を抑えます。豆腐の上から重石をして、しばらく置いておいても良いですね。

ゴーヤチャンプルーの作り方~土井善晴レシピ

ニンニク・しょうがは細切りに、豚ロース肉は2センチくらいにカットしておきます。

ゴーヤチャンプルーの作り方~土井善晴レシピ

土井善晴レシピでは豚肉はカットしただけですが、少し手間をかけて豚肉を更に美味しくして行きます。今回はしょうが焼き用の少し分厚い肉を使いますが、2センチに切り分けた後、醤油・酒・片栗粉・サラダ油を入れて揉み込みます。こうする事で、豚肉を油でコーティングして肉の旨みが外に逃げ出さず、食べた時に柔らかい感じの仕上がりになります。中華料理で言うと、油通しみたいなものですね。

ゴーヤチャンプルーの作り方~土井善晴レシピ

ゴーヤチャンプルーの作り方~土井善晴レシピ

 

土井善晴さん風ゴーヤチャンプルの作り方③ 仕上げ

仕上げに入ります。フライパンにサラダ油をひき、豆腐をちぎって並べ、全体に塩を振りかけて焼いていきます。あまり動かさずに焦げ目をつけて行く感じです。

ゴーヤチャンプルーの作り方~土井善晴レシピ

ゴーヤチャンプルーの作り方~土井善晴レシピ

豆腐の両面に焦げ目を付けたら、一旦皿に取り出します。

ゴーヤチャンプルーの作り方~土井善晴レシピ

サラダ油を足し、ゴーヤを入れて塩を振りかけ、しんなりするまで焼いていきますが、自分はここで少し水を足して蒸し焼きにしました、時間短縮になると思います。ゴーヤも焼き終えたら皿に取り出します。

ゴーヤチャンプルーの作り方~土井善晴レシピ

フライパンにサラダ油を足し、豚肉を入れて炒めて行きます。油がまぶしてあるので比較的ほぐれやすいですね。

ゴーヤチャンプルーの作り方~土井善晴レシピ

豚肉に火が通ったら、豆腐とゴーヤをフライパンに戻し、ニンニク・しょうがを入れて、醤油で味付けして行きます。

ゴーヤチャンプルーの作り方~土井善晴レシピ

卵を2回に分けて入れていきますが、卵はサッと混ぜる程度で良いですね。

ゴーヤチャンプルーの作り方~土井善晴レシピ

お皿に盛りつけると土井善晴さん風ゴーヤチャンプルの完成です。

ゴーヤチャンプルーの作り方~土井善晴レシピ

1日1回お願いします!

土井善晴さん風ゴーヤチャンプルレシピのまとめと感想

今回は、ゴーヤチャンプルを土井善晴レシピ通りに作ってみました。このレシピの特徴は、具材を別々に炒めてから合わせる事で、水分が出ることなくシャキッとした仕上がりになるところです。

最初に豆腐を炒める事で、豆腐の水分が無くなり、水っぽくならずに仕上がりますね。但し、3回に分けて炒めて行くので、手間がかかります(笑)。時間の余裕のある時に作りたいレシピですね。

 

おすすめ豚肉レシピ

この記事を書いている人 - WRITER -
サバ夫です!料理レシピを紹介しています。
ごあいさつ
プロフィール

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© アラフォーオヤジの簡単素人料理 , 2017 All Rights Reserved.