ゴーヤのわた入り卵炒め【ビタミンCが豊富!】

ゴーヤのわた入り卵炒め【ビタミンCが豊富!】

こんにちわ、サバ夫です。

今日はゴーヤのわたも一緒に炒めてしまう、ビタミンCがたっぷりの ゴーヤのわた入り卵炒め の紹介です。

ふつうはゴーヤを調理する時は、わたや種をスプーンでくり抜いて捨ててしましますね。しかし、ゴーヤのわたは果実よりも1.7倍も多くビタミンCが含まれています。

普段、何気なく捨てているゴーヤのわたですが、果実よりも栄養価が高いというのは驚きですね。そういえばゴーヤの種はそのままかじっても、アラレみたいで美味しいです。という訳で、ゴーヤ炒めにわたも入れてしまおうという試みです。

ゴーヤのわた入り卵炒めの材料

ゴーヤのわた入り卵炒め【ビタミンCが豊富!】

材料

  1. ゴーヤ 1本
  2. 卵   2個
  3. ハム  2枚
  4. ニンニク1かけ
  5. 唐辛子(豆板醤)

調味料

  1. 醤油
  2. だしの素(顆粒)
  3. 塩コショウ
  4. ごま油
  5. 鰹節

ゴーヤの卵炒めの作り方

ゴーヤは両端を切り落とし、真ん中で2つに切り分けて、更に縦に2つに切って行きます。

ゴーヤのわた入り卵炒め【ビタミンCが豊富!】

スプーンでわたをくり抜いていきます。

ゴーヤのわた入り卵炒め【ビタミンCが豊富!】

種があるので取り除きますが、素揚げしたり、フライパンで炒めたりすると良いらしいですね。そのまま生で食べても美味しいと思いますが、今回は使いません。

ゴーヤのわた入り卵炒め【ビタミンCが豊富!】

ゴーヤは2、3ミリの薄切りにします。ハムは1センチ幅に。ニンニクは包丁の背で叩きつぶします。

ゴーヤのわた入り卵炒め【ビタミンCが豊富!】

まずはフライパンを予熱して卵を焼いていきます。火が通る前に取り出します。

ゴーヤのわた入り卵炒め【ビタミンCが豊富!】

そのままのフライパンにサラダ油を足して、ニンニクを入れて弱火で香りを出して行きます。

ゴーヤのわた入り卵炒め【ビタミンCが豊富!】

ゴーヤとハムを入れてしばらく炒めていきますが、生のゴーヤを使うので結構時間がかかります。

ゴーヤのわた入り卵炒め【ビタミンCが豊富!】

ゴーヤに火が通ったら、ゴーヤのわたを加えて、ダシの素・塩コショウ・醤油で味付けをしていきます。

ゴーヤのわた入り卵炒め【ビタミンCが豊富!】

最後に卵を加えてさっとひと混ぜして、ゴマ油を垂せば完成です。鰹節をたっぷりかけるのがおすすめです。

ゴーヤのわた入り卵炒め【ビタミンCが豊富!】

1日1回お願いします!

ゴーヤの卵炒めレシピまとめと感想

ハムの代わりに豚肉を入れて豆腐を足せば、ゴーヤチャンプル になる訳ですね。

ゴーヤと卵だけでもあっさりとしていて美味しかったです。最初は玉ねぎも入れようかと思いましたが、辞めて正解でした。ゴーヤを炒めるのに時間がかかるので、玉ねぎがしんなりしてしまいます。玉ねぎを入れるのであれば 時間差で入れた方が良いですね。

これから夏にかけてゴーヤの値段が安くなってくるので、夏を乗り切るには欠かせない野菜になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)