圧力鍋で作る手羽元の柔らか煮~お酢のチカラ!

圧力鍋で作る手羽元の柔らか煮~お酢のチカラ!

サバ夫です。

今日のレシピは 圧力鍋で作る手羽元の柔らか煮 です。

鶏手羽元とゆで卵、大根で煮て行こうと思います。調味料にを使うことでサッパリ味になり、鶏肉も柔らかくなります。

昨日、夜にNHKの『今日の料理』を見ていると、手羽先とみょうがの酢煮というレシピが紹介されていて『うまそうだな』と思い、作ってみる事になりました。

圧力鍋で作る手羽元の柔らか煮~お酢のチカラ!

さっそくスーパーで手羽先を探しましたが、生憎売っていなかったので、手羽元で代用する事にしました、さらにみょうがも省きました。

手羽元の柔らか煮の材料

圧力鍋を使用するので、鶏肉が骨から簡単に剥がれますね。しかし、手羽元は安いですね、家計に優しい食材です。

圧力鍋で作る手羽元の柔らか煮~お酢のチカラ!

材料

  1. 鶏手羽元 10本
  2. 大根   半分
  3. 卵    3個
  4. しょうが 1かけ

調味料

  1. 酒   大さじ3
  2. みりん 大さじ3
  3. 醤油  大さじ2~3
  4. 酢   大さじ1~2

手羽元と酢でサッパリ煮

まずはゆで卵から作りますが、圧力鍋で作れば加圧1~2分で作れてしまいます。

圧力鍋で加圧2分で出来るスピードゆで卵の作り方『破裂しません』

今回は訳ありで、松居一代さんの圧力鍋のマジッククッキングを使いました。ここでのコツは、蒸し上りにつるっとカラが剥けるように、卵の頭をスプーンで叩いてヒビをつけてやります。そうする事で綺麗にカラが剥けます(やらなくても綺麗に剥ける場合もあります)。

圧力鍋で作る手羽元の柔らか煮~お酢のチカラ!

わずか加圧1分ほどで、ゆで卵が簡単にできました。ツルンツルンに剥けました(笑)。

圧力鍋で作る手羽元の柔らか煮~お酢のチカラ!

後はティファールの圧力鍋で仕上げていきます。鍋にサラダ油を入れて手羽元を焼いていきます。本当はテフロン加工のフライパンで焼いてから圧力鍋に移していくのが良いのですが、時間と手間を短縮するために、圧力鍋1つで調理して行きます。

圧力鍋で作る手羽元の柔らか煮~お酢のチカラ!

手羽元がある程度炒まったら、スライスしたしょうがと半月状に切った大根を入れて更に炒めていきます。

圧力鍋で作る手羽元の柔らか煮~お酢のチカラ!

調味料と水カップ1杯を入れて約8分加圧します。ここで我が家の圧力鍋はゴムパッキンがすり減ってきて、手で押さえてやらないと加圧できなくなりました(笑)。

圧力鍋で作る手羽元の柔らか煮~お酢のチカラ!

手間がかかる鍋です(笑)。

圧力鍋で作る手羽元の柔らか煮~お酢のチカラ!

圧が下がったら ゆで卵を入れて煮込んでいきます。

圧力鍋で作る手羽元の柔らか煮~お酢のチカラ!

水分が無くなるまで煮詰めて全体に照りが出てきたら、圧力鍋で作る手羽元の柔らか煮の完成です。

圧力鍋で作る手羽元の柔らか煮~お酢のチカラ!

1日1回お願いします!

圧力鍋で作る手羽元の柔らか煮レシピのまとめと感想

お酢を入れているので、とても柔らかく仕上がりました。しかも圧力鍋を使用したので、食べる時に鶏肉が骨からスルッと剥がれ落ちて非常に食べ易かったです、軟骨なんかボリボリ行けてしまいます(笑)。

今回もズボラレシピだったので、圧力鍋だけで作りましたが、できれば手羽元はフライパンで焼いた方が綺麗に仕上がると思います。圧力鍋で直接手羽元を焼くと、鍋底に引っ付いてしまい仕方がありませんでした(笑)。

その他の改良点は、大根は下茹でしておいた方が味がしみやすく、出来上がりが美味しく仕上がります。手羽元+圧力鍋の組み合わせなら、チキンカレーを作っても美味しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)