鯛の頭の塩焼き~かぶと焼き

鯛の頭の塩焼き~かぶと焼き

暑いですね~、真夏日全開の今日この頃ですが自分はまだ夏風邪が完全に治りきっていませんorz。

今日は鯛の頭を使ったかぶと焼きに挑戦します。

過去記事 にもありましたが、今回はスーパーであまりにも立派な鯛のアラ(頭)が売られていたので思わずカゴに入れてしまいました。

スーパーであまりにも立派な鯛のアラ(頭)が売られていた

天然物の鯛で加工年月日が本日の日付でしたが、アラという事もあり早くも30%引きのシールが貼られていました。

これだけの大きさなら3~4人で食べれそうなくらいのボリュームですね。

鯛の種類について

腐っても鯛ということわざがあるくらい鯛は高級魚として知られていますが、鯛の種類にはどんなものがあるのでしょうか?

鯛とは?

スズキ目タイ科の海水魚で「めでたい」という事から縁起物として祝い事に尾頭付きで用いられる。

一般的によくスーパーに出回っている種類は

  • 真鯛(マダイ)
  • 赤甘鯛(アカアマダイ)
  • 糸縒鯛(イトヨリダイ)
  • 金目鯛(キンメダイ)

などがあります。

鯛の兜焼きの材料

今回は鯛の王様の真鯛を使った兜焼きになります。

天然真鯛アラ

材料

  1. 鯛のアラ
  2. 柑橘類

調味料

鯛の兜焼きの作り方

滅多にお目にかかれない大きさなのでインスタントラーメンと比べてみました(笑)。

鯛のアラとインスタントラーメンを比べてみた

中身は鯛の頭・カマ・少しの骨付きの身が入っていました。

鯛の頭・カマ・少しの骨付きの身が入ってた

とりあえず鯛の表面の裏表に塩を振りかけて20~30分置いておきます。

鯛の表面の裏表に塩を振りかけて20~30分置いておく

流水で綺麗に洗い流しますが、この時にウロコや血合いなどを取り除きます。

流水で綺麗に洗い流してウロコや血合いなどを取り除く

綺麗に掃除が出来ましたね、あとは水分をよく拭き取ります。

水分をよく拭き取る

仕上げは焼いていくだけです、鯛の表面に塩を振りかけて焼いていきましょう。

鯛の表面に塩を振りかけて焼いていく

これだけ大きいと焼き上がりまで時間がかかりますね、片面をおよそ10分くらい焼いてからひっくり返します。

片面をおよそ10分くらい焼いてからひっくり返す

裏面も7~8分焼いていきます、最後にお皿に盛りつけて柑橘類があれば添えて鯛の兜焼きの出来上がりです。

最後にお皿に盛りつけて柑橘類があれば添えて鯛の兜焼きの出来上がり

無料レシピ動画アプリを活用しよう!

晩ごはんやお弁当のレシピに悩んでいる場合は全てのレシピを管理栄養士・調理師・料理研究家が監修して提供しているデリッシュキッチンを活用すると便利です。

デリッシュキッチンでは基本的に限定レシピを除いたほとんどの動画を無料で視聴する事が可能です。

DELISH KITCHEN - レシピ動画で料理を簡単に

DELISH KITCHEN - レシピ動画で料理を簡単に

every, Inc.無料posted withアプリーチ

鯛の兜焼きレシピのまとめと感想

巨大サイズなので1人では食べきれないですね、2人ががりくらいで丁度でした。

これは大きすぎて一緒に焼けなかったカマの部分です、あっさりとしていてそれでも旨みのある白身で上品な味ですね。

鯛のカマの部分

今回は224円で夕食のメインディッシュが作れました、安く上がったのは良いですが下処理と後片付けに少し苦労しました。

真夏という事もあり食べた後の骨の処理にも困りますね、ごみの日が翌日ならば良いのですがそういうわけにもいきません

食べカスはスーパーの袋に2重にして入れ空気を抜いて冷蔵庫に入れておきます、こうする事で食べカスが腐るのを防げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Twitter
SHARE