鰤(ぶり)のカレームニエル!~フライパン一つで出来る超簡単レシピ

鰤(ぶり)のカレームニエル!~フライパン一つで出来る超簡単レシピ

今日は魚のソテーレシピ 鰤(ぶり)のカレームニエル を作りたいと思います。

そろそろ鰤(ぶり)が美味しい季節ですね。漢字で書けば「鰤」難しい文字です(笑)。1年中出回っていますが、秋から冬にかけて出番が多くなる食材です。塩焼き・カマ焼き・粕汁・鰤(ぶり)大根 とレシピも多彩です。

珍しいものでは、鰤(ぶり)の白子の醤油焼きなんてレシピもあるくらいです。アルミホイルに鰤(ぶり)の白子を包んで焼いていき、仕上げに醤油を垂らして食べるレシピですが、自分は白子系はあまり料理したことがありません。

ムニエルなので魚焼きグリルを使わずに、フライパンで焼き上げるので後片付けが楽です。今回の食材が何故鰤(ぶり)かといいますと、今の時期単純に安いからです(笑)。養殖ものは値段が高いですが、天然鰤(ぶり)なら、1切れ100円ほどで手に入ります。

出世魚鰤(ぶり)の呼び名の変化

鰤(ぶり)は出世魚と呼ばれています。出世魚とは、成長する過程で呼び名が変わっていく魚の事です。縁起ものとされ、正月のおせち料理には欠かせません。

関東と関西におけるブリの呼び名の違い
関東ワカシ→ワカナゴ→イナダ→ワラサ→ブリ
関西モジャコ→ワカナ→ツバス→ハマチ→メジロ→ブリ

一般的に、大きさが80センチ以上になれば鰤(ぶり)と呼ばれるようになります。昔からツバスは1匹300~400円ほどで手に入りましたし、今では毎日ハマチの刺身が安く売られていますね。ただメジロというのはお目にかかった事はないですね。

天然鰤(ぶり)は養殖ものに比べて脂が少ないので、塩焼きよりもムニエルにする方が良いかもしれません。ただ、鰤(ぶり)も少しクセがあるので、普通のムニエルではなくカレームニエルにしていこうと思います。

 

鰤(ぶり)のカレームニエルの材料

天然ものなので1切れ100円ほどで手に入りました。

鰤(ぶり)のカレームニエル!~フライパン一つで出来る超簡単レシピ

材料

  1. 天然ブリ切り身
  2. カレー粉
  3. 小麦粉
  4. 塩コショウ
  5. オリーブ油

ブリの下処理

ではサクッと作っていきましょう。鰤(ぶり)は皮にウロコがついている場合があるので、あれば取り除きます。両面に塩を降り30分くらい置いておきます。

鰤(ぶり)のカレームニエル!~フライパン一つで出来る超簡単レシピ

30分たったら流水で洗い流し、キッチンペーパーなどで水分を拭き取ります。

鰤(ぶり)のカレームニエル!~フライパン一つで出来る超簡単レシピ

鰤(ぶり)の下味付け

綺麗になった鰤(ぶり)の裏表に塩コショウを振り掛けます。

鰤(ぶり)のカレームニエル!~フライパン一つで出来る超簡単レシピ

ビニール袋に小麦粉を大さじ2杯ほど入れて、そこにカレー粉を小さじ1杯加えかき混ぜます。

鰤(ぶり)のカレームニエル!~フライパン一つで出来る超簡単レシピ

鰤(ぶり)を袋に投入、空気を入れて膨らまし、袋を振ってっぶりにまんべんなく粉をまぶします。

鰤(ぶり)のカレームニエル!~フライパン一つで出来る超簡単レシピ

フライパンでソテー

フライパンを予熱しておき、オリーブ油を引いて鰤(ぶり)を焼いていきます。

鰤(ぶり)のカレームニエル!~フライパン一つで出来る超簡単レシピ

両面をこんがり焼いて鰤(ぶり)のカレームニエル出来上がりです。付け合せがあれば飾ると綺麗に見えますね。

鰤(ぶり)のカレームニエル!~フライパン一つで出来る超簡単レシピ

1日1回お願いします!

鰤(ぶり)のカレームニエルレシピのまとめと感想

本来は鱈や鮭・アジなどをムニエルにしますが、天然鰤(ぶり)なら今の時期、1切れ100円と一番安く仕入れられます。しかもグリルを使わず フライパン1つで出来るので、後片付けがたいへん楽です。

しいて言えば、鰤(ぶり)を焼いた後のフライパンは洗剤で洗っても匂いが残るので、土しょうがの皮をフライパンに擦りつけておくと匂いが取れます。

あと、鰤(ぶり)は照り焼きにしても美味しいですね。フライパンにサラダ油を引いて、鰤(ぶり)の切り身を両面焼いて、酒・醤油・みりんをいれて照り焼きにすれば、あっという間に出来上がります。

これから冬にかけて、鰤(ぶり)大根・粕汁・塩焼やカマ焼きと、出番がたくさんある食材です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)