オーブンで仕上げる簡単鱈のホイル焼き

  2018/03/04
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サバ夫です!料理レシピを紹介しています。
ごあいさつ
プロフィール

今日の料理は オーブンで仕上げる鱈のホイル焼き です。

鱈(たら)というと、真冬の鍋がお勧めです。鱈ちりですね。あっさりした鱈は鍋料理にも合いますが、ムニエルやホイル焼きにもピッタリの魚です。

今日はホイルで包んでオーブンで仕上げるので、フライパン等を使わずに手軽に作れます。サザエさんのタラちゃんでもお馴染みタラですが、鱈というと北海道をイメージしますが、北海道近郊にしか生息していないのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鱈について

「魚」へんに「雪」と書いて「鱈」と読みます。名前の通り北半球の寒冷な深海に生息しています。タラコの原料でもあるスケトウダラも鱈の仲間です。

普通、鱈といえば真鱈の事を指します。棒鱈・チャンジャ・肝油などに加工されるみたいですね。他にも、鱈の白子の湯引きは有名な料理です。

ひと昔前には、銀だらの西京浸けなどが流行った時期がありましたが、ギンダラは 鱈の仲間ではなく、カサゴ目ギンダラ科の魚です。

鱈のホイル焼きの材料(3人前)

鱈はけっこう値段がはりますね。よく魚の切り身を買ったのは良いが、ウロコが付いていて大変だったなどの記憶があるので、なるべく皮なしを買うのが無難ですね。しかし、鱈にはウロコはあるのでしょうか?

材料

  • 鱈    3切れ
  • 玉ねぎ  1個
  • なすび  1本
  • 細ネギ  1本
  • エリンギ 1パック

調味料

    • 料理酒
    • 塩コショウ
    • オリーブ油
スポンサーリンク

簡単鱈のホイル焼きの作り方

鱈の下処理

鱈は皮なしがあれば使います。皮がついていても問題ありませんが、鱗等を落としてやる必要があります。

骨がついているので、骨抜きで取ってやり、綺麗に洗い流してキッチンペーパーで水分を拭きとります。

鱈のホイル焼き仕上げ

野菜は全て細長く切っておきます。

アルミホイルを大きめに切って、いちばん底に玉ねぎを敷いていきます。

その上に鱈を乗せて、周囲に適当に野菜類を乗せていきます。ホイルの幅が短いので、あまり高く積み上げずに横長に乗せていきました。

料理酒大さじ1を振り掛けて、塩コショウをしてアルミホイルを閉じていきます。この時しっかり閉じておかないと中の水分がこぼれてしまいます。

仕上げは200℃~220℃のオーブンで15分から20分焼いていけば、鱈のホイル焼き完成です。

クリックで拡大

1日1回お願いします!

鱈のホイル焼きレシピまとめと感想

味付けは塩コショウだけなので、シンプルな味に仕上がっています。出来上がりのアツアツにバターを入れてやると、コクが出てたいへん美味しく頂けました。鱈はもちろん美味しいのですが、生鮭でやってもグーですね。生鮭のホイル焼きはポピュラーなレシピです。

鱈のホイル焼きレシピのコツは、仕込の時に小骨は骨抜きで取り除いて置く事ですね。そうする事で食べてる時にいちいち骨を気にしなくて済みます。子供さんやお年寄りが居られる家庭はこのひと手間が大事ですね。

この記事を書いている人 - WRITER -
サバ夫です!料理レシピを紹介しています。
ごあいさつ
プロフィール

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© アラフォーオヤジの簡単素人料理 , 2016 All Rights Reserved.