苦味が無くいくらでも食べれるゴーヤ入りスパサラ

苦味が無くいくらでも食べれるゴーヤ入りスパサラ

こんにちわ、サバ夫です。

今回のレシピはゴーヤ入りスパサラです。

ゴーヤと言えば、別名ニガウリと呼ばれるくらいなので、苦いイメージしかありません。しかし、マヨネーズで合えると苦味が無くなるので、いくらでも食べられます、まさに万人向けのレシピです。

夏になるとゴーヤを毎日のように食べる我が家ですが、主におひたしや油炒めといったシンプルな調理法です。まだ少し値段的には高いと思いますね、大きさも中くらいでしょうか?

先日、スーパーの値引き品のゴーヤを2本200円で買いました。1本は過去記事で紹介した 挽肉で作ると不思議と旨いゴーヤの豚キムチ に使いました。

残りのもう1本で、ゴーヤ入りスパサラを作ることにしました。

ゴーヤ入りパスタサラダの材料

材料自体はシンプルなのですが、茹でる工程が多くなるレシピなので、少しばかり手間がかかりました。

苦味が無くいくらでも食べれるゴーヤ入りスパサラ

材料

  1. ゴーヤ  1本
  2. 人参
  3. 玉ねぎ
  4. ツナ缶
  5. 卵    1個
  6. パスタ  200グラム

調味料

  1. マヨネーズ
  2. 塩コショウ
  3. オリーブ油

ゴーヤ入りパスタサラダの作り方

なるべく使う鍋を少なくしたいので、フライパンで卵とパスタを同時に茹でていきます。水を入れたフライパンに卵を1個入れて火にかけていきます。

苦味が無くいくらでも食べれるゴーヤ入りスパサラ

沸騰したら、ゆで卵は13分、パスタは10分茹でるので、3分後に麺を投入します。

茹であがったらザルにあけて冷まします。

苦味が無くいくらでも食べれるゴーヤ入りスパサラ

次に、玉ねぎと人参をスライスします。

苦味が無くいくらでも食べれるゴーヤ入りスパサラ

人参は熱湯でさっと茹でて冷まします。

苦味が無くいくらでも食べれるゴーヤ入りスパサラ

苦味が無くいくらでも食べれるゴーヤ入りスパサラ

玉ねぎは塩少々でしんなりさせて 流水で洗います。

苦味が無くいくらでも食べれるゴーヤ入りスパサラ

どちらも水分を拭きとっておきます。

苦味が無くいくらでも食べれるゴーヤ入りスパサラ

苦味が無くいくらでも食べれるゴーヤ入りスパサラ

ゴーヤはヘタを切り落として半分に切ります。更に縦半分に切り、わたを取り除き2ミリくらいにスライスします。ボールに入れて塩少々でよく揉みこんでやります。

苦味が無くいくらでも食べれるゴーヤ入りスパサラ

熱湯でボイルます。

苦味が無くいくらでも食べれるゴーヤ入りスパサラ

茹であがったらザルに入れて冷まし、水分を拭いておきます。

苦味が無くいくらでも食べれるゴーヤ入りスパサラ

最後に具材を合わせていきますが、スパゲティは4等分に切って行きます。

苦味が無くいくらでも食べれるゴーヤ入りスパサラ

苦味が無くいくらでも食べれるゴーヤ入りスパサラ

冷えるとカチカチに固まってしまうので、オリーブ油を少し入れて全体になじませます。

苦味が無くいくらでも食べれるゴーヤ入りスパサラ

具材を入れていきます。

苦味が無くいくらでも食べれるゴーヤ入りスパサラ

最後に塩コショウとマヨーネーズで 味を付けていきます、あまりマヨネーズを入れすぎると油っこくなるので、50グラムにしておきました。

苦味が無くいくらでも食べれるゴーヤ入りスパサラ

最後によく混ぜて完成です。

苦味が無くいくらでも食べれるゴーヤ入りスパサラ

1日1回お願いします!

ゴーヤ入りパスタサラダレシピまとめと感想

スパサラにゴーヤをドッキングさせた感じになりました。ゴーヤは苦いイメージしかありませんが、マヨネーズとツナのお蔭で全く苦くありませんでした、これならお子さんでも十分に食べられますね。

ただ少しパサつき感があるので、茹で汁を少し加えてやるか、レモン汁やヨーグルトなどを加えて、まろやかさを出しても良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)