自家製サーモンのタタキ

自家製サーモンのタタキ

こんにちわ、サバ夫です。

今日のレシピは、フライパンで焼くだけの簡単な 自家製サーモンのタタキ です。

自分は魚の刺身が大好物で、毎日のように食べていたのですが、ここ1.2年間で刺身の値段が上がりましたね。税抜き価格で2色盛り398円、4色盛りで498円はします。しかも盛り合わせに入っているのは、いつも同じ様なものしか入っていません。マグロ・スルメイカ・ブリ・鮭とこんな感じですかね。甘海老なんかも入っている場合もあります。

いつも同じ種類の刺身では、さすがに飽きてきたので、滅多に買わないサーモンを買ってみました。しかし、サーモンは生で刺身で食べるには少しクセがあるので、サッと焼き付けてタタキにする事にしました。

サーモンとは?鮭との違いは?

そもそもサーモンとはどういう魚なんでしょうか? 今日購入したのは、トラウトサーモンとなっています。そこでネットで調べてみたところ、トラウトサーモン=養殖もののニジマスという事が分かりました。

ニジマス!?  マスでしたか(笑)。

そういえば、食べるな、危険! とかいう本でしたか? チリのサーモンは食べてはいけないというのを、昔聞いた事がありました。

そもそもニジマスは白身の魚なので身が赤いはずがありません。エサに着色剤を混ぜて食べさせて養殖していたんですね。とまあ買って来てから後悔しても遅いですが、たまに食べるのならよいでしょう。

鮭・鱒・サーモンの一般的な違い
 川で産卵して海に下るもの
 生涯淡水域で生活するもの
サーモン 海で養殖されているもの

自家製サーモンのタタキの材料

今回購入したサーモンは100グラム321円です、牛肉並の高さですね。

自家製サーモンのタタキ

材料

  1. サーモン刺身
  2. 新玉ねぎ
  3. カイワレ
  4. ネギ
  5. ニンニク

調味料

  1. ポン酢

自家製サーモンのタタキの作り方

作り方はいたって簡単、フライパンで焼いていくだけです。

自家製サーモンのタタキ

2~3分焼いたらひっくり返します。

自家製サーモンのタタキ

裏表と側面を焼いたら、ボールに氷水を入れて中に投入。

自家製サーモンのタタキ

粗熱がとれたら、キッチンペーパーで水分を拭きとります。

自家製サーモンのタタキ

後はスライスして行くだけですが、これがまた切りにくい、ボロボロになりました(笑)。

自家製サーモンのタタキ

玉ねぎのスライス・カイワレ・ネギ・ニンニクを添えて、ボロボロになった面を下に隠して盛り付けて、自家製サーモンのタタキ完成です。

自家製サーモンのタタキ

1日1回お願いします!

自家製サーモンのタタキレシピまとめと感想

フライパンで焼いたのですが、凄い脂が出ました。養殖ものなので仕方ありませんんね。今回はポン酢で食べましたが、マヨネーズで食べても合いそうです。もちろん 手巻き寿司なんかにはピッタリの食材ですね。

やはり養殖物なので、天然物と違い脂が多くコッテリした感じの食感でした。たまに食べるのは良いですが、しょっちゅう食べるのは考え物ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)