ロールキャベツをアレンジしたロール白菜レシピ

ロールキャベツをアレンジしたロール白菜レシピ

今回のレシピは、ロールキャベツをアレンジしたロール白菜レシピ です。

ロールキャベツは洋食では人気のレシピですね。コンソメスープでコトコト煮込んで行く料理です。しかし、ロール白菜というのはあまり馴染がありません。簡単に言えば、ひき肉を包む野菜がキャベツから白菜になっただけの料理です。

ネットでロール白菜の歴史を調べてみましたが、Hitしなかったので、ロールキャベツの歴史を調べてみました。

ロールキャベツの歴史

ロールキャベツが作り始められたのは、1世紀頃と言われています。アナトリア半島、現在で言うとトルコ共和国ですね、そこで食べられていた、ドルマという食べ物が発祥とされています。このドルマは、ブドウの葉っぱで肉や米を包んで煮込む料理で、現在でもトルコでは人気料理の1つになっています。このドルマが15世紀くらいにヨーロッパに伝わり、現在のロールキャベツになりました。

ロールキャベツは古くから伝わる伝統料理なんですね、自分は過去に1回だけ作ったことがあります。合挽き肉と言えば、どうしてもハンバーグになってしまいますね(笑)。

今日は、国産の牛豚の合挽き肉が、100グラム105円と特売されていたので、200グラムほど購入しました。いつもならハンバーグを作るところなのですが、たまには変わった料理が食べたくなりました。

合挽きミンチのレシピといえば、他にはスパゲッティミートソースやオムレツなどがあります。『オムレツはカロリーがな~。』とか思いながら、『ロールキャベツでも作ってみるか』となりました。

今の時期は真冬なので、キャベツの代わりに白菜で作ってみたらどうだろうと思い、結局ロール白菜を作る事なりました。

ロール白菜の材料

白菜は最低でも2分の1の大きさを買った方が包みやすいですね、1個丸ごとがベストですが・・・。

ロールキャベツをアレンジしたロール白菜レシピ

材料

  1. 白菜
  2. 合挽きミンチ
  3. 玉ねぎ
  4. しめじ
  5. 粒マスタード

調味料

  1. チキンコンソメ
  2. ナツメグ
  3. ローリエ(月桂樹)
  4. 料理酒
  5. 塩コショウ

ロール白菜の作り方

白菜は1枚ずつ剝がしてボイルしますが、軸が分厚いので、かなり時間がかかりました。

ロールキャベツをアレンジしたロール白菜レシピ

かなりシナシナになりました、この後、冷えるまで放置しておきます。

ロールキャベツをアレンジしたロール白菜レシピ

玉ねぎは電子レンジでチンしておきます。フライパンできつね色になるまで炒めれば、甘みがでるとよく言われますが、手間がかかりますね。

ロールキャベツをアレンジしたロール白菜レシピ

ロール白菜の具を捏ねていきます。ひき肉は200グラム使いました、卵1個・塩コショウ・ナツメグ少々を入れて、粘りが出るまで捏ねていき、チンした玉ねぎを入れて更にひと混ぜします。

ロールキャベツをアレンジしたロール白菜レシピ

白菜を広げて、合挽き肉を置いて包んでいきます。

ロールキャベツをアレンジしたロール白菜レシピ

巻き終わりを爪楊枝で止めておきます。

ロールキャベツをアレンジしたロール白菜レシピ

白菜が小さいと巻きにくいので、2枚重ねてみました、難しいですね。なぜロールキャベツの方が人気があるのか、ようやく分かりました、キャベツの方が断然包みやすいです(笑)。

ロールキャベツをアレンジしたロール白菜レシピ

結局、白菜の数が足りずに追加、大きいものなら1枚で足りますが、小さい白菜は2枚必要になりました。なんかめはり寿司みたいになってしまいました(笑)。

ロールキャベツをアレンジしたロール白菜レシピ

ここで松居一代さんのマジッククッキングが登場、今回は圧力鍋で調理していきます。水2カップに料理酒大さじ2杯・チキンコンソメと、あればローリエ(月桂樹)を入れて火にかけます。

ロールキャベツをアレンジしたロール白菜レシピ

ロール白菜は5つ出来たので、何とか圧力鍋に収まりました。ここから約2分加圧します。

ロールキャベツをアレンジしたロール白菜レシピ

加圧後は白菜の色が抜けて、ややしんなりした感じです。

ロールキャベツをアレンジしたロール白菜レシピ

しめじを入れて塩コショウで味つけをして、しばらく煮込んで行きます。

ロールキャベツをアレンジしたロール白菜レシピ

ロールキャベツをアレンジしたロール白菜の完成です、粒マスタードを添えました。

ロールキャベツをアレンジしたロール白菜レシピ

1日1回お願いします!

ロールキャベツをアレンジしたロール白菜レシピまとめと感想

今回はロールキャベツではなく、ロール白菜を作ってみました。調理中に気づいた事ですが、白菜が小さいと具を包むのに一苦労します、キャベツの方が簡単に作れる感じがしました。

肝心の味ですが、チキンコンソメと塩コショウだけで調理したので、あっさり味に仕上がりました。粒マスタードを付けて食べる事をお勧めします。

キャベツに比べ白菜は分厚く繊維があるので、圧力鍋を使ってもやや固かったですね。白菜の軸に何か工夫する事が必要かもしれないです、あるいは煮込み時間をもう少し長くしても良いかもしれません。

結論的に、作り易さや食べ易さでは、どうしてもロールキャベツに軍配が上がってしまいますが、鍋の具材にしてみると面白いかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)